横浜市港南区にある、上大岡駅より徒歩1分の耳鼻咽喉科。

  • HOME
  • アクセス
  • よくあるご質問
24時間ネット受付
TEL 045-842-0596

花粉症

スギ花粉症の舌下減感作療法について

スギ花粉症に対する新しい治療法「舌下減感作療法」薬剤が、10月10日頃に発売されます。
これに伴って、当院でも治療を開始いたしますので、ご希望される方はお問い合わせください。
費用については、保険適用で月々約1,000円ほどです。
スギ花粉症の舌下減感作療法について

減感作療法(アレルゲン免疫療法)について

減感作療法とは、アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法で、下記のような特徴があります。

アレルギー症状を軽減したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。
治療は長期間(3~5年)かかります。
すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

特に舌下減感作療法は、患者さんが自宅で毎日服薬を続ける治療であるため、起こりうる副作用や その際の対応も含め、患者さんご自身の治療法に関する十分なご理解が重要になります。

用法・用量

薬を1日1回、舌下に滴下し、2分間保持した後、飲み込む。
その後5分間は、うがい・飲食を控える。
これを最初の1~2週間(増量期)で量を増やしていき、3週目以降(維持期)は同じ量の薬を毎日舌下投与します。
成人及び12歳以上の小児対象となります。

スマ-トフォンサイトを表示する